ロレアルのブランドのひとつです。

ケラスターゼで髪きれい

ケラスターゼ(Kerastase)とは、世界的に有名なフランスの化粧品会社ロレアル社が開発し、販売展開しているヘアエステティック商品の高級ブランドです。

ケラスターゼの名前の由来は、髪の毛を意味する“ケラチン”と、美を意味する“スターゼ”というふたつの単語からきています。ずばり“美しい髪”という意味ですね。

ケラスターゼ誕生は1964年で、「健康な頭皮から健康な髪が生まれる」という理念に基づいて作られています。今ではかなり浸透した考えではありますが、40年以上も前にはまだまだ画期的な発想だったようです。
開発と同時に、当時にはめずらしかったヘアエステという考え方を導入し、素肌のスキンケアと同様に髪も個人個人にあわせたケアが必要とカウンセリングを行うなど、現在のヘアエステの基を築きました。

ケラスターゼは、おもにヘアサロン向け・プロ仕様のヘアケア製品で、髪を素肌と同じくらい大事に思っているヨーロッパ女性に絶対的な信頼を得ているブランドです。

そんなケラスターゼ、最近日本でも徐々に浸透中。

ケラスターゼで髪きれいではケラスターゼの魅力を伝えることにより髪美人を応援します。





ロレアルニュース

ロレアルはケラスターゼの本体です。

ケラスターゼは 業務用ですが、通販等を通じて個人の方でも気軽に」楽しめます。

ケラスターゼKerastaseを展開しているロレアル社の気になるニュースをお届け!

今回は、ヘアケアではなくフレグランスでのコラボですが、きっと成功させるのでしょうね。


伊ディーゼル、原宿旗艦店を増床−日本初「デニムウォール」も



伊ディーゼル、原宿旗艦店を増床−日本初「デニムウォール」も
続きを読む

フランス人女性が気にする日本人女性のことは

パリ女性が日本製化粧品にはまる理由

東洋の神秘ではないですが、欧州女性も気にする日本のコスメ。

世界化粧品市場の1割以上を占めるロレアルをはじめ各社が、興味を示す日本人のお肌。

ワールドワイドな業界になっていますねえ。

ロレアル社が、10%ということは、そのうちの何%かは、ケラスターゼナのですね。

髪が最近、薄くなった気がします。^^;

髪が最近、薄くなった気がします。

ほぼ毎日ぼうしをかぶり仕事をしています。

帽子は、なかなか洗う機会がなくかなりにおいを発してから洗っていました。
髪にどんな影響があるかは知らずに。


帽子をかぶる仕事で4年ぐらい。


髪の毛のことを考え出したのは最近。


地肌が、目立つ気がしてきたのです。


髪の毛、減ったなあ。

今がちょうど良い加減なのでこのまま維持してほしいのですが、、


髪のことちょっと心配なので増毛ではなく、

ヘアコンタクトに興味を持ちました。





資料請求しました。^^

自分でも体験したくて
続きを読む

リバイタリフト エッセンスがついに日本上陸!

ケラスターゼは、髪のプロフェッショナルですが、


リバイタリフト エッセンスは、待望のエイジング美容液。


髪の悩みを追求した ケラスターゼ


エイジング美容液リバイタリフト エッセンスは、肌の弾力低下の悩みを和らげることでしょう。


気になっていた目の下のたるみも

中国で激突、化粧品戦争

ケラスターゼの本体のロレアルなどの大手コスメメーカーは、中国でも激しい競争を繰り広げます。


資生堂とカネボウ、中国に美容部員・化粧技術を指導


競争を繰り返し高品質な製品が生まれます。

コスメの企業も大変です。

レブロン、4−6月期は販売増とリストラ効果で赤字縮小

ロレアル社もケラスターゼや他のブランドがいくら好調でも、コスト削減は、企業努力のひとつです。

日本ロレアルPR

名古屋文理大学、日本初の「PR学科」開設−フォーラム開催

PRについての専門学科の話題ですが、そんなところにも参加している日本ロレアル。


ケラスターゼは、露出が、少ないですが、効果的なPRは、サロン等で実践されているのでは?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。